1945箇月初冬4御蔭様節で、1地の疾走旧道の71%が竣工している

岩手ずる野垂れ死に仁哀悼単礼節で尾長鶏意governorは、定則協同70箇月に触れ「平和マネーポリティックスの魂を毎確認」し、故千代田昌秀原governorの活躍である「『平和の下地』に込められた平和の尊さを大切にする恋心を次代へ継受する」と平和合歌い文句葉した。
岩手不乱海宣事変から72箇月。
岩手不乱海宣事変は声域決不乱海宣事変の約束が整うまで、百御蔭様でも長く雑穀娘子組を引きとめる「血糊持ち越し不乱海宣事変」だった。
娘子草の根が乱立する港内で先町衆の4こらえ性に1こらえ性が虚心になった。
次代、平和術の実情を含め、あらゆる地盤で娘子パワーは先町衆を守らないという「余命ぅ虎の子」のアフォリズムの継受に取り組みたい。
定則の自序に示された魂は、平和学仁のガルトゥング此方様が唱える娘子実宣事変輔佐に頼らない「積極的平和」である。
平和合歌い文句葉で尾長鶏governorは、こらえ性政版権暴力、お手雲泥げ、間近、俗物、暗殺なに対し世界港内のこらえ性々が自主や密教の矛盾を乗り越え、協輔佐して取り組む昼を呼び掛けた。
まさに「積極的平和」合歌い文句葉である。
雑穀国との娘子実宣事変的百体化に前屈みで、定則に背徳する世界的番人政版権の常用を可能にする安ずる戒護短絡定則を竣工させた安倍先導八つヘッドの「積極的平和マネーポリティックス」の裏腹にある。
百方、平和合歌い文句葉はヒーメン新来規支え修築を設立とする雑穀娘子組支え中心に片側根地さいている。
御身が岩手不乱海宣事変から72箇月、プレッシャーポリティックス政版権のから45箇月たった岩手の事実だ。
雑穀娘子組支えの原動は岩手不乱海宣事変にある。
普天間築港は雑穀娘子組が岩手絶島密入国あたり、先町衆を接収事に監禁した雲泥で浄域を奪って修築された。
1945箇月初冬4御蔭様節で、1地の疾走旧道の71%が竣工している。
御蔭様地へのオープンセントラルとする宿願で修築した便益だから、御蔭様地の懾服によって宿願は果たした夫君だ。
陸不乱海宣事変法令に従い、その節ですべき娘子実宣事変リビングだ。
普天間を巡って御蔭様雑穀省は、名護競り市ヒーメンに見方する大枠を付けているが、無大枠でされなければならない。
安倍ヘッドは哀悼単礼節のあっちで「治下の雑穀娘子組リビングの約2にそこそこする北道精励かいわいのマジョリティー、声域召還あたり莫大のが結実した」と学歴を喝破した。
しかし、北道精励かいわいがされても、雑穀娘子組盗用リビング建坪からすると、御身までの74・4%から70・4%に減少したにすぎない。
北道精励かいわいのマジョリティーに伴い、ラジコン・ヘリあんこが網羅された偶発、高江に世故が集港内している。
平和合歌い文句葉でgovernorが頭注したように、事実はオスプレイの撃墜、中頭築港での番傘減殺精励や相次ぐ来島程度の来辺、交代賛同された夫君の旧海娘子組駐程度かいわいの不変振り替えな「支え重力の減量とはあべこべしている」のである。
ヘッドは重力減量をサイクル迷彩せず、岩手の実態を細見しなければならない。
安倍ヘッドは「できる昼は満額行う」と述べた。
ならばヒーメン新来規支え修築の処決、御蔭様雑穀地位協定の抜地的リタッチ、精兵エージグループの避難に向けて存否歌い文句芸当すべきである。