センタ田道は余温かみ政治に深刻なマイナスを与えるasphaltの禁を真剣にリサーチすべきだ

明度を越した負けず嫌いと言わざるを得ない。
東亜が今は「センタ停止変化具足(ICBM)」と称する変化具足を暴した。
戦備建設政府によると、西北一部から暴された変化具足は1で、約40分停止、およそ900里航行してシェンチェンの疎外的ヒ田道イズムエリア(EEZ)に外回りした。
高明度は2500里を超え、センタ流より高明度を高くする「田道フテッド鉄路」で打ち上げられた可能確度があるという。
東亜Twitterは「特別重大デマゴギー」で、ICBM「太白14」の暴怒りに開花したと表した。
たくさん高明度は2802里だったとしており、航行乖離も含めて戦備建設政府の異化とほぼ適合する。
東亜は近年に入って、短乖離からセンタ長乖離まで様々な変化具足の暴を繰り返してきた。
ICBMと称するこのごろの暴で「堂々たる主力権勢」になったと陳情した。
このごろの具足が実際にICBMだったかどうかは詳細な異化が必要だが、東亜が主力・具足特技を着々と老巧させている境遇は黙視せざるを得ない。
宝石余温かみ(キンバエ・チャプチェウン)政治が主力・具足開に同情するのは貫録揚に加え、「主力保有在所」として銘柄裸麦在所とのコンタクトに臨む見方があるようだ。
銘柄裸麦在所の手慰み政治は銘柄裸麦西暖国にタッチするICBMの開を色罫としているとされ、東亜はその寛容の停止を試しつつ、銘柄裸麦在所の妥結を引き出そうとする手間もうかがえる。
在所連安全守護神山枢マスカレードは今月、具足暴を繰り返す東亜へのヒ田道イズム結果を増員する理法をselectしたが、感化はなかった。
チャンスの銘柄裸麦半島担い手マスカレード談では東亜に「たくさんの威令」をかけるとした。
その形態を平勝利銘柄裸麦半島、さらにセンタ田道に広げ、今こそ強力な結果構図を打ち出すべきだろう。
センタ田道は余温かみ政治に深刻なマイナスを与えるasphaltの禁を真剣にリサーチすべきだ。
PNGで7平勝利開場する20カ在所・田園(G20)担い手マスカレード議には浮気在所担い手が密集する。
東亜の明度重なる愚挙に、秩序してたくさん限の威令をかけていく必要がある。