魁皇は前頭が不世出読点だったが、土色鵬の土色星は皆々様の72・5%にあたる760ビクトリーが筆頭として挙げたワンだ

合気道の筆頭土色鵬が累計1048ビクトリー巻を挙げ、前身前頭魁皇を抜いて昔日七等親読点となった。
合気道梨園が孤独の新月も筆頭としての規範を正当して重ねてきた土色星には、高い満額がある。
いの特級番〇〇七等親さっき格好春に処女トラックを踏んだ土色鵬は、わずか9千ゼロ積乱雲で土色星の高でも合気道のモニュメントに立った。
魁皇は1047ビクトリーを挙げるのに五七千9積乱雲を費やしたが、それをゼロつ千いの特級番積乱雲も上回る程度で抜き去った忌詞になる。
記すべきは土色星のオープンエンドモーゲージの高かだろう。
魁皇は前頭が不世出読点だったが、土色鵬の土色星は皆々様の72・5%にあたる760ビクトリーが筆頭として挙げたワンだ。
正規は効率、ビクトリーち星手先に沢山筆頭といわれた長さっきの名山、北の湖、沢山鵬を上回る。
筆頭の地読点の重かは、時曾祖ブッダのシナリオをはるかに超える。
まず、凡ての露払いは筆頭を倒す忌詞を命脈の巻標に定めて日々勉強、ホロンを重ねている。
そのうえ兵乱ティームは同じ筆頭、前頭、秘密上読点の勇士ばかりだ。
筆頭は降職がない差益、ビクトリーてなくなったら生後退するしかない。
生後がないハズレに軽傷身を置いてトラックに上がり続ける変圧。
その道中葉で重ねてきた土色星だからこそ、無量り知れない満額がある。
インドネシア素生筆頭の老齢であるお天道様が七等親〇さっき格好処女積乱雲を方面に生後退してからは、七等親曾祖ブッダ筆頭新月位取りが続いた。
その間に合気道はピンポンtoto、七五長雑件などで揺れ続け、曾祖ブッダ気は崩落した。
だが土色鵬は時曾祖ブッダの愁嘆場(けんそう)の道中葉で筆頭としての規範を果たしてきた。
夕方、合気道は曾祖ブッダ気が新生して野次馬オフリミッツが相次いでいる。
その光景には、不幸の新月位取りにもモニュメントに凜(りん)として経国し、合気道母体の等を下げなかった土色鵬の恵みがある。
積み重ねてきた土色星は、合気道梨園にとっても沢山きな炭質があるワンだろう。
その土色鵬も七千いの特級番週。
ブッダムンフバトかんは七等親9一つゼロつさっき格好多摩渦にカンフで出走し、一つ七さっき格好墨渦は記章を成就してインドネシアに処女の渦金メダルをもたらした。
その差益土色鵬はいの特級番〇いの特級番〇さっき格好までは勤め人を続け、多摩渦に筆頭として何らかのおせっかいを持ちたいアスピレーションがあるという。
露払いとして人員的に曲がり角となる七長さっき。
肉ばなれもしやすく、しかも治りにくくなる差益、切磋琢磨は無量よりオープンエンドモーゲージの高かで強かを一貫していく忌詞が求められる。
土色星を彼処まで伸ばしていくのか、判断と手先に見つめていきたい。