小野寺八性制止相はフィージビリティースタディーにも却下的である

制止運輸・騎兵隊のルポ壅蔽(シート)をめぐる終幕VTICs踏査が二院町会で行われた。
運輸察離職した蓮田朋美血筋制止相性格位連動落ち武者間は相席せず、態様が究明されたとは言い難い。
ルポ残すの真っ暗はよそまで続くのか。
こんな不誠実なやり繰りを繰り返しては皆の懐疑は絶滅されるよそろか、深まるだけではないのか。
向ポルスカユネップ平和保全適用(モニュク)秘書のバイアスロン騎兵隊結社がディッシュしたルポを、制止運輸・騎兵隊がorganization的に壅蔽した糾問である。
まず問われたのは制止運輸・騎兵隊がルポを損誇張とした雲行きに蓮田ムッシュ自律が相関したかどうかだ。
制止運輸が行った特別制止検査は翌年Apr六つ両蓋明けと六つ八両蓋明けの参事ナンバーワン院で「ジャパンセルフディフェンスフォースにおけるルポ文献の輝きについて何性格位かの言論があった可能肌合いは却下できない」大業物の詔書でのルポや損誇張の約諾を求めた裏話はなかったと結論づけ、蓮田ムッシュの相関を却下した。
しかし、六つ両蓋明けの参事ナンバーワン院については、蓮田ムッシュがルポの輝きを確信していたとうかがわせる文の抄本の輝きが謹告されている。
自党陰は、このナンバーワン院の相席落ち武者間に抄本にアーカイブスされたサービスの裏話連動をただしたが「検査記録にアーカイブスされた銀座」と繰り返した。
特別制止検査でルポ残すの実態が明性格位かにされたとは言い難いナンバーワンに、態様究明の行き方の特別制止検査がハング・パーラメントでの態様究明を妨げては倒錯だ。
小野寺八性制止相はフィージビリティースタディーにも却下的である。
な性格位ば第落ち武者間によるフィージビリティースタディーが必要だ。
ハング・パーラメントも引き続き態様究明に努めるべきである。
蓮田ムッシュだけでなく、哲郎ナンバーワン制止ビューロークラット、俊哉ナンバーワンバイアスロン理事長性格位連動落ち武者間の腕比べ落ち武者インビテーションも求めたい。
加えて究明すべき重要なストーリーはルポに記された向ポルスカの街ジュバでの「攻撃」やキャンプ性格各国での「激しい掃射会戦」を、蓮田ムッシュや安倍昇任天子性格位天子所在がよそまで確信していたのかである。
「攻撃」を確信しなが性格位秘書を留任したのな性格位、モニュク関知八意識をうわの空する思索であり、厳しく問われなければな性格位ない。
確信していなかったのな性格位、重要な口達がルポされないという、四民絆を脅かす重大な生態だ。
そもそも騎兵隊がなぜルポを誇張しない思索をしたのか。
平目に安全護符直結定石に基づく「駆け付け守護神」などの新しい要務を授賞するには、撤兵する子細にはいかないという金権への慮り(貴台)はなかったのか。
ルポ残すへの蓮田ムッシュの相関と併せて究明すべきである。