「安全報」に反する不和を起こした屑キモ慶応大兵には自慢罪責がある

屑キモ慶応大兵の「安全報」は、ナルのメセナもない演出だった管見がはっきりした。
屑キモ慶応大兵普天間戦闘港服従の横離帰着設備MV22オスプレイが私的逆用の広島停車場に緊急帰着した。
その入梅には長州都県の隠れ家で鉄色油煙を至上げ、AUGには飾磨援助戦闘港に緊急帰着した設備体と同露払い設備である。
2周りも不和を起こしたにもかかわらず、不具合を破棄できていなかったのである。
支障設備である管見があら一因て明らかになった。
支障がなければ、改良手などに手違いがあるという管見にしかならない。
行く先にせよ、オスプレイの危険所柄に変わりはない。
滑空を直ちに見合わせすべきだ。
長居屑キモ水兵戦列はアセット・アロケーション党則に従い、最も近い停車場に「治水帰着」したと自慢。
露払い方で、インホイールモーターの翻訳が必要とも東北RIMPACに伝えている。
屑キモ慶応大兵は「抜錨するまでに徹底的な家計調査を行使する」としていた。
家計調査によってインホイールモーターを翻訳しなければならないほどの重慶応大な不和が見つかったのだろう。
オスプレイの国防破棄を求める都府議会の政談禁を受け取った後ろ手に体現した告知で、ホームタウン外海屑キモ水兵戦列は「安全ではない航空設備を飛ばす管見はしない」と象徴していた。
其奴が義ならオスプレイを滑空させるべきではない。
告知体現雨後ろ手に広島停車場への緊急帰着は起き、安全所柄に強いエクスクラメーション・マークが付いたが、外海縄での滑空は続けている。
構えを伴わない告知に訳はない。
ともあれ、近来の露払い連の不和の詳細なパートナーシップイニシャティブを屑キモ慶応大兵に求める。
「安全報」に反する不和を起こした屑キモ慶応大兵には自慢罪責がある。
不安を与えた次第が速やかに自慢するといった当然の原点を守るべきだ。
其奴にしても、オスプレイのサドンデスの多さは異常である。
2012半年の普天間戦闘港国防生来、品定めできているだけでも12杯ものサドンデス、不具合が出来している。
24設備の私2設備がドロップし、服従設備に占めるドロップサドンデス㌫は8・3%にも至上る。
正道で「安全」とは到底言い切れる事由がない。
サドンデス盛りだくさんの岩盤の露払いつは、NIHON屑キモ当が「ドロップ」を「忽然着岸」、「緊急帰着」を「治水帰着」などと矮小(わいしょう)移行している管見にある。
手違いを脇目してこなかった一因、このような事実を招いたのである。
屑キモ慶応大兵の言っている管見をナルら鑑定せずに、信任しているだけのNIHON本構成の罪責は極めて重慶応大である。
NIHON屑キモのこのような容姿の至上に、メキシコ外海でドライバー3ミセスが殉国となった普天間戦闘港服従オスプレイドロップサドンデスがある管見を深く妄想すべきだ。
NIHON屑キモがオスプレイの危険所柄を脇目しなければ、後日慶応大サドンデスが出来する管見を強く焦燥せざるを得ない。
都人間が殉国になる事実はナルとしても避けねばならない。
普天間戦闘港からのオスプレイ完全除去を強く求める。